大谷資料館に行った感想。勇者ヨシヒコの撮影ロケ地は本当だった? | Usefulog

大谷資料館に行った感想。勇者ヨシヒコの撮影ロケ地は本当だった?

スポンサーリンク

だいぶ前の話になりますが、勇者ヨシヒコと導かれし七人の最終回付近で見たことがある場所が映っていました。

ボスのところまで行くのに一行が通るダンジョンのような場所で、知らなければセットか何かと思うほどにRPG感満載のところです。

ヨシヒコを観ていてこのロケ地はどこなんだろう、と気になった人も多いと思われます。

そこで、今回は偶然行ったことがある私が、場所についての詳細や行ってみてどうだったのかについて感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ロケ地の名前とそこまでの交通アクセス

まずロケ地ですが、栃木県宇都宮市にある「大谷資料館」というところです。

私は車で行ったのですが、駐車料金はかかりませんでした。

他の交通手段としては、電車とバスを乗り継いで・・・という感じのようです。

JR宇都宮駅西口6番乗場から大谷・立岩行きに乗車し約30分。
東武宇都宮駅からは東武駅前バス停で大谷・立岩行きに乗車し約20分。
資料館入口で下車して徒歩約5分。

 

なお、路線バスを利用する際は大谷観光一日乗車券がおすすめとのことです。

各種割引や路線内乗り降り自由なチケットで、購入は関東自動車JR宇都宮駅前定期券センターか宇都宮東武ホテルグランデのフロントになるそうです。

以下、バスの時刻表です。

 

館内を見て回るには大人は800円子供(小・中学生)は400円かかるので、その分のお金を用意して行きましょう。

詳しくは大谷資料館の公式サイトをご参照いただければと思います。

その日の館内気温なども載っているので、行く前に一度見ておくのがおすすめです。

館内は寒く階段も多いし立ち入り禁止エリアもあるがそれでも面白い

私が行ったのは12月上旬だったのですが、もうその時点で館内は恐ろしく寒かったです。

普通に冬に着るコートを身にまとい、手袋、マフラーをして丁度いいくらいでした。

おそらく、真冬に行ったら更に防寒が必要だと思います。

 

館内は休日ではあるもののそこまで人は多くなく、明かりも要所要所に備え付けられているので快適に見て回ることができました。

ただし、階段が結構あるので、足が不自由な人はかなりしんどいとは思います。

 

また、立ち入り禁止エリアが結構あったのですが、これが普段からそうなのかそれとも私が行った時たまたま見られなかったのかが気になりました。

とはいえ、RPGが好きな私としてはそれはもう大興奮で、本当に行って良かったと思いましたしまた誰かと遊びに来たいなとも思いました。

人に迷惑が掛からない範囲であればコスプレをして撮影したり、何かの企画で面白ムービーを撮ったりするのもアリかもしれませんね。

もちろん許可が必要な場合は事前に相談してからですけど、色んな楽しみかたができそうだなという印象を持ちました。

実際に撮影した画像

と、文字で感想をあれこれ書きましたが百聞は一見に如かずということで、どういう感じだったのか撮ってきた写真を載せていきたいと思います。

 

まずは建物の外観です。ここから地下に下りていきます。
f:id:aniota-alvarado:20190519225516p:plain

 

階段を下りるとかなり開けたところに出ます。もう寒いです
f:id:aniota-alvarado:20190519231539j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519231619j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519231712j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519231729j:plain

 

途中、現代アートみたいなものも飾ってありました。
f:id:aniota-alvarado:20190519231801j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519231813j:plain

 

奥のライトはインスタ映えする撮影スポットといえると思います。
f:id:aniota-alvarado:20190519231859j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519231924j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232020j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232051j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232103j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232142j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232237j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232300j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232319j:plain

 

ボス部屋ですね。RPG系の作品をやるならどれでもここがボス部屋になりそうなくらい雰囲気がありました。
f:id:aniota-alvarado:20190519232335j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232426p:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232447j:plain

 

採掘道具なんかも飾ってありました。
f:id:aniota-alvarado:20190519232500j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232611j:plain

 

おそらくここがヨシヒコたちが最初にダンジョン入りする時下りた階段だと思います。
f:id:aniota-alvarado:20190519232626j:plain

f:id:aniota-alvarado:20190519232659p:plain

 

大体こんな感じですが少しでも雰囲気が伝わったでしょうか。

おわりに

大量に写真を貼りましたが、それでも実際に行ってみないとここの良さというかワクワク感は伝わらないと思います。

写真の他にもヨシヒコたちが中々階段までたどり着けなかった特殊な床のシーンも、床と階段はありませんがちゃんとありました。

ヨシヒコファンもそうでない人も、一回は行ってみて欲しいです。きっと楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました