アドセンスの通知「Better Ads 標準」について

スポンサーリンク

はじめに

f:id:aniota-alvarado:20190709223742p:plain

少し前にGoogleアドセンスの通知に、以下の内容で警告のようなものが届いていました。

Better Ads 標準のグローバルでのサポートについて。7 月 9 日より、Better Ads 標準は全世界の Google Chrome でサポートされます。広告が Better Ads 標準に準拠していないと、Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。
出典:Googleアドセンス

アドセンスによる収益が微々たるものであろうがなかろうが、何か弊害が生じて収益が落ち込んでしまうのは本意ではありませんよね。これがそういう内容の警告なのかどうかわかりませんが、何かあってからでは遅いです。

ということで、今回はこの警告が一体何なのか、放置するとどういう問題が生じるのかなどについてを書いていこうと思っています。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

Better Ads Standardsとは

「Better Ads 標準」は正確には「Better Ads Standards」といい、ユーザーが特に不快に感じると業界で特定された広告に関する問題を集めたものを指します。

つまり、ネットを利用していて「邪魔だな」とか「鬱陶しいな」といった感情を持たれやすい、利用者が快適なネットライフを送れないような広告を定めた上で、そういう広告を掲載するのは止めましょうねということですね。

パッと思いつく範囲では、カーソルにくっついてくる広告とか、下からビロ~ンと飛び出てくる広告とかは鬱陶しいな!と思う事が多いです。では実際はどうなのかですが、以下に12種類の広告が日本語訳でまとめられています。

広告がBetter Ads 標準に準拠していないとどうなるのか

では、自分のサイトに掲載している広告がBetter Ads 標準に準拠していないとどうなるのでしょうか。通知によればChromeブラウザでフィルタされる可能性があるという事でしたが、他にペナルティとかがあるのか非常に気になりました。

私個人の考えとしては、利用者の不快に思う広告を多数掲載している=サイトの質が悪いという方程式が成り立つので、Googleからの評価も下がるのではないかなと。

もっとも、実際はそういうわけではないようで、前述した通りただ単にBetter Ads 標準にしたがっていない広告を非表示にされるだけみたいですね。言い換えればその広告による収益が望めなくなるということです。

この「Better Ads 標準」は利用者の総意をまとめているわけですから、これに反しているということはそれだけ不快なサイト運営をしているということにもなります。

その広告だけが非表示なるなら良いやと軽視するのではなく、読んでくれるかたが嫌な思いをする事が無いように配慮するいいきっかけになるのではないでしょうか。私もちょっと見直してみようと思います。

Better Ads 標準に違反しているかどうか調べる方法

自分のサイトがBetter Ads 標準に反しているかを調べる方法についてですが、かなり簡単に調べることが可能でした(※前提としてサーチコンソールにサイトを登録している必要があります)。

まず、以下のページにアクセスします。

広告に関する問題レポート

次に、PCかモバイルのうち自分が調べたいほうを選択し、[確認済みのプロパティを選択]でサイトのURLを選択します。

f:id:aniota-alvarado:20190709235032p:plain

f:id:aniota-alvarado:20190709235043p:plain

表示されたステータスが未審査である場合は、とりあえずできることはここまでだそうです。
f:id:aniota-alvarado:20190709235149p:plain

もし、ステータスが不合格になっていた場合は、[サイトデザインに関する問題]または [クリエイティブに関する問題]→[検索結果 ]→[例を表示]で問題が見つかったページの説明とURLを確認します。

問題のすべてを確認したらレポートの次の行に進み、記録に残したい場合や共同で運営している場合は[レポートをダウンロード]でファイル形式を選択して保存しましょう。

その上で、問題を修正したら審査に提出するというのが主な流れのようです。

おわりに

アドセンスを利用しているのであれば、通知が来ているにせよ来ていないにせよ一度は確認しておいたほうが無難でしょう。

広告が非表示にされることで収益が下がるのはもちろん痛手ですが、それよりも問題なのはそういう不快な広告を今まで掲載していたという事実のような気がします。私もいいきっかけになりました。

まだちゃんと調べていないというかたや、よくわからなくてスルーしていたというかたはぜひ参考にしていただければと思います。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました