懸賞生活は可能?1ヵ月検証して分かった当選のコツや注意点 | Usefulog

懸賞生活は可能?1ヵ月検証して分かった当選のコツや注意点

スポンサーリンク

人は、本気で懸賞に応募した場合、一体どれだけ当選することができるのか。

私は以前から地味~に懸賞に応募することがあったのですが、たまたま買った商品がキャンペーン中だったからとかそういう理由ででした。

そんなある日、ふと片っ端から応募しまくったらどうなるんだろうという疑問がわいたので、今回やってみた次第です。

一体どういった結果になったのか、検証をした中で意外なこともわかったので、そういったことを書いていこうと思っています。

スポンサーリンク

応募するにあたっての条件や留意点

まず、私が利用したのは直訳すると「機会 それ」となる某懸賞サイトです(アドセンスの規約でポイントサイトの紹介ができないのでぼやかしています)。

そのサイトで「締切順」に表示して、5月1日~31日までその日締切のものに応募しまくるということをしました。

手段としてはサイトに直接入力するものと、Twitter、インスタ、Facebookの4種類です。

 

また、自分の中のルールとして①嘘はつかない、②任意となっているメッセージ欄なども全部埋める、という2つを心掛けました。

①の例としては、女性限定とかお子さんがいるかたとかそういうのには応募しないということです。

実際に1ヵ月やって得られた成果

食料品や家電、映画のチケットから女性が好みそうなものまでひたすら応募しまくった結果、当選したのは以下の5つでした。

1.アサヒプライムリッチ1本

f:id:aniota-alvarado:20170619231948p:plain

 

2.アクエリアス「スペシャル漢字ボトルセット」

f:id:aniota-alvarado:20170619232114p:plain

 

3.Amazonギフト券500円

※メールが届いたのは6月ですが、応募したのは確か5月でした。

f:id:aniota-alvarado:20170619232157p:plain

 

4.「イエスタデイ」DVD&ギターピックセット

f:id:aniota-alvarado:20170619233849p:plain

 

5.アサヒドライゼロ6本

f:id:aniota-alvarado:20170619232315p:plain

 

うん・・・なんか・・・微妙、ですかね。

ちなみに、応募数はちゃんと数えていなかったのでざっくりとですが、一日平均10は応募していたと思うので300以上にはなっていたはずです。

やってみて分かった懸賞を当てるコツ

手当たり次第に懸賞に応募してみて分かったこともあります。

もちろん応募しないことには当たりませんが、どうせだったら当たりやすいものだけに絞って応募したほうがコスパは良いですよね。

そこで私の経験からわかったコツを以下に羅列しておきます。

  • 当選者数がかなり多いと当たりやすい(当然ではありますが)
  • 応募条件が面倒くさいと当たりやすい
  • しょっちゅう載っている聞いた事のない企業の懸賞は当たらない
  • 記入欄はちゃんと埋める

懸賞はむやみやたらとすべきでない理由(注意点)

さて、ご覧の通り結果は良いんだか悪いんだかわからない微妙なものとなりましたが、この他に思わぬ副産物が生じました。

 

私は自分の携帯にかかってくる電話は、何であれとりあえず出るのですが、ある日知らない番号から電話がかかってきました。

いつも通り何も考えずにとりあえず出てみたところ、全く記憶にない会社からの電話。

何だろうと思いつつ話を聞いていると、なんと私が応募した懸賞の中にあった会社による営業だったのです(ポケットWi-Fiいらない?的なやつでした)。

 

別にそれで酷い目に遭ったとかそういうわけではありませんが、なるほど手当たり次第に応募するとこういう事もあるのだなと。

人によっては鬱陶しく感じるでしょうから、懸賞に応募する時はそこが信頼のおける会社なのかどうか見極めたうえですることをおすすめします。

おわりに

5月はこのような結果になりましたが、6月も一応継続して応募し続けており、ぼちぼち当選しています。

応募自体はラジオを聴きながら10~20分くらいで終わるので簡単ですし、忘れた頃に現物が届いたりするので結構楽しかったです。

もっとも、前述したような落とし穴もあるので、これからは信頼のおけるところにのみ応募しようと思います。

興味がわいたというそこのあなたもレッツトライ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました