窓枠にあるゴムパッキンについたカビを落とす方法を実践してみました | Usefulog

窓枠にあるゴムパッキンについたカビを落とす方法を実践してみました

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20181003010704j:plain

先日、以前より気になっていた窓枠のパッキン部分にこびりついたカビを掃除すべく、重い腰を上げました。

本日は、そんなカビをきれいさっぱり掃除するに至ったその方法というか、工程を書いていこうと思います。

なお、説明の都合上カビのついたサッシの写真を掲載しているので、閲覧する際はご注意ください。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

すぐさまカビ取り用の洗剤を吹き付けるべからず

ゴムパッキンにカビが山積していた場合、すぐにでも除去したいと思うのが普通だと思います。

が、そこはグッと思いとどまりまず私がやったのは、割りばしを割らずに先が太いほうでカビをある程度削ぎ落すという作業でした。

3分クッキングよろしく、削ぎ落したあとの窓枠がこちらになります。
f:id:aniota-alvarado:20161228173837j:plain

削ぎ落してこれですからね、その前のものは流石に掲載を自粛しました(笑)

パッキンにカビ取り用洗剤を吹き付けクッキングペーパーをあてる

無事すべて削ぎ落したら、市販のカビ取り用の洗剤を吹き付けます。

私は家にあったよくわからないブランドのものを使用しましたが、有名どころであるカビキラーとかが安心でしょう。

本来はクッキングペーパーに洗剤をしみこませてそれをペタペタと貼り付けることが望ましいようですが、私は面倒くさいので上の方法を取りました。

私のように無精でないのであれば、本来の工程を取ることをおすすめします。

f:id:aniota-alvarado:20161228174645j:plain
こんな感じでクッキングペーパーを窓枠に合わせてちぎっては折り、ちぎっては折りします。

パッキンに一通りクッキングペーパーを乗せ十分に洗剤がしみていることを確認したら(足りなければ上から吹き付けて下さい)、その上からラップをします。

ラップを貼り終えたらそのまま20分ほど待ちます。
f:id:aniota-alvarado:20161228175143j:plain

そうすることで洗剤がカビの根元までしみ込むのでしょう。

20分後、全部引っぺがして雑巾で拭き取れば一丁上がり

大人しく20分ほど待ち、ラップ、クッキングペーパーを取ったあと良く絞った濡れ雑巾で拭き取ります。

こうして掃除し終えた窓枠が以下の写真です。

f:id:aniota-alvarado:20161228175756j:plain

写真で見ると非常に微妙というかなんならまだ汚いじゃん!といった感じですが、掃除前とあとを並べてみるとその違いは一目瞭然です。

f:id:aniota-alvarado:20161228180519p:plain

実物を目にしている私としてはかなり綺麗になったと自負しているのですが、写真の撮り方が悪かったのと雑巾で拭き取っただけというのがいけなかったのだと思います。

徹底的にカビを取り除きたいのであれば雑巾で拭いた後、芸能人である松居一代さんが考案した「マツイ棒」を作って隅々まで拭き取るのが良いでしょう。

それでもまだカビが残っている場合は、またクッキングペーパーに洗剤をしみ込ませ・・・という一連の工程を繰り返すことで最終的には綺麗に取り除けると思います。

忙しい人のためのまとめ

  • まずはパッキンに付着したカビを割りばしの太いほうなどで削ぎ落す
  • クッキングペーパーに市販のカビ取り剤をしみ込ませ、それをパッキンの上に乗せてその上からラップをして密封する
  • 20分ほど待ってからすべて取り去って濡れ雑巾で拭き取る。カビが残っていたら同じ工程を繰り返せばおそらく綺麗に取れるはず

おわりに

今回、私が掃除した窓枠のパッキンにこびりついたカビはそれはもう年代物でして、よくもまあそんな汚いところに住んでいたなと自分でも少し引いています。

そんな年代物のカビでさえも前述した方法であれば綺麗にできるので、あなたがまだ窓枠の掃除に取り掛かっていないというのであれば是非試してみて下さい。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました