【衝撃】神宮外苑花火大会の花火暴発映像が想像以上にヤバい←そりゃ火傷するわwww

スポンサーリンク

10日午後8時ごろ、東京都新宿区の明治神宮外苑で開かれた神宮外苑花火大会で、打ち上げた花火が上空で破裂せずに観客の近くに落下して暴発する事故がありました。

被害状況はその場にいた観客とみられる男性1名が軽いやけどを負った程度でしたが、実際の映像を見るとその凄まじさが良くわかります

自分が花火大会に行き同じ状況に陥った時どう行動すべきか、動画を見ることでそのシミュレーションをしておくと良いかもしれませんね。

花火が暴発して振ってきた場合回避する方法は無い?

動画を確認してもらえればわかりますが、花火が暴発する前兆は一切なくいきなり観客のいる場所で破裂しています。

火の粉の固まりが思いっきり観客に降り注いでますよね。叫び声も聞こえますし現場はかなり混乱したはずです。

 

動画によれば普通に花火が空に上がっていたかと思ったらいきなりの暴発ですし、回避するのは難しいといえます。

前兆がないというのはもちろんのこと、花火を見ている観客はみんな上に気を取られているので何か起きても気づきにくいというのもあるんじゃないでしょうか。

なかなか難しいことではありますが、あまり上ばかりに注目するのではなく周りにも警戒すべきなのかもしれませんね。花火会場ではこういった暴発以外にもスリや盗撮などの犯罪行為も起こり得ますし。

被害男性と思われる人のツイートで水膨れと判明

前述した通りこの暴発事故での被害は「軽いやけど」となっていますが、被害男性と思われるかたのツイートによれば腕にやけどを負ったようです。

かなりシビアではありますが、一応予兆のようなものはあったみたいですね。

人間の習性からすれば、後ろが突然明るくなったら何事かと確認するのは当然ですから、花火の暴発から逃れるのはかなり難しかったといえますね。

まとめ

一応直前に光ったようですが、それでも花火の暴発を回避するのは至難の業といえます。

目の前に広がる美しい光景に気を取られてしまうのは仕方ないのかもしれませんが、多少は周りを警戒しておく必要があるのかもしれません。

また、避けられなくても被害を最小限に止める努力をすることはできるはずです。肌をなるべく出さない様にしたり、あまり近くで見過ぎないようにしたり、すぐに患部を冷やしたりと事前・事後にできることをしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました