撮影ボックスを100均の材料だけで自作する方法【総額200円!】 | Usefulog

撮影ボックスを100均の材料だけで自作する方法【総額200円!】

スポンサーリンク

突然ですが、私、ブログを運営してきて、適宜画像なども載せつつ文を書いてきましたが、常々思っていたことがあります。

自分で撮った画像の見栄えがクソ悪い!

必要以上に生活感が出ているというか、なんか色合いが悪かったり、実物よりも汚く見えたりするんですよ。

そこで、今回はそんな写真を少しマシにすべく、100均のものだけで撮影ボックスを自作してみたので、作り方と感想を書いていきたいと思います。

撮影ボックス(ライティングボックス)の作り方

完成したものを先出しすることでどういうものができるかイメージしやすいと思うので、以下に完成したものを載せておきます。
f:id:aniota-alvarado:20170509224238j:plain

見栄えはそこまで良くありませんが、200円でそこそこの撮影ができるのであればあまり気になりませんでした。

そこにこだわるなら市販のものので良いですしね笑

材料は100均のアイテムとお店でもらえる段ボールのみ

f:id:aniota-alvarado:20170509222108j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170509221525j:plain
核となる材料は、①好みの大きさの段ボール箱、②白画用紙、③模造紙の3つです。

①は近所のスーパーなどで下さいと言えば好きなサイズが貰えると思います。②③はダイソーで購入しました。

それ以外に、私は段ボール箱を整える用のガムテープと、②③を貼り付けるための両面テープ、切るのに使うハサミとカッターを用意しました。

貼るためのテープや切るものは好みの問題なので、家にあるものを適当に使ってもらって構いません。

作り方も至って簡単

f:id:aniota-alvarado:20170509223403j:plain
まず、完成品の天井部分を切り、必要なら段ボールの底をガムテープで補強します。

私が使用したのは、縦×横×高さが約31cm×約36cm×約25cmのものだったのですが、私のようにサイズが足りないなという人は、蓋部分も写真のようにガムテープでくっつけて下さい。

f:id:aniota-alvarado:20170509223818j:plain
次に、両サイドに画用紙を貼るので、その部分に両面テープを適当に貼っていきます(写真は左側)。

f:id:aniota-alvarado:20170509224051j:plain
本来は床部分は後で模造紙を敷くためいらないのですが、凸凹が気になったため床にも画用紙を貼りました。

f:id:aniota-alvarado:20170509224408j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170509225214p:plain
模造紙の横幅を箱の幅に合わせてカットし(約36㎝)、写真のように背面からダラ~っと垂れるように貼り付けます。

以上で一応完成ですが、私はこのままだと気になるので、外側にも画用紙を貼り付けようかなと思っています。

実際に撮影してみての違いと反省点

撮影ボックス不使用(フィギュア大)
f:id:aniota-alvarado:20170509225830j:plain
撮影ボックス使用(フィギュア大)
f:id:aniota-alvarado:20170509225900j:plain
撮影ボックス不使用(フィギュア小)
f:id:aniota-alvarado:20170509225927j:plain
撮影ボックス使用(フィギュア小)
f:id:aniota-alvarado:20170509225948j:plain
撮影ボックス不使用(漫画)
f:id:aniota-alvarado:20170509230027j:plain
撮影ボックス使用(漫画)
f:id:aniota-alvarado:20170509230051j:plain

といった感じで、かかったコストから考えれば、まあ上出来かなといったところでしょうか。

撮影はiPhoneSEで行いましたが、カメラの性能によって、更に綺麗に撮影できるかもしれません。

天井を付けて、そこにLEDライトを付けても良かったのですが、夜に部屋の電気をつけて撮影した上の写真でもそこまで悪くはないので、今のところはこれで良いかも。

ただ、反省点としては、模造紙は薄口を購入したのですが、ご覧の通りちょっと折り目が影のようになってしまったので、厚口のほうが良かったかもしれません。

また、背面は高ければ高いほど、大きいサイズのものも撮影できるので、もう5~10㎝高くすればよかったなと後悔しました。

というか、見切り発車で作ってしまいましたが、まず作る前に市販の商品のサイズを調べておいて、それに近いサイズの段ボールを使用すべきでしたね。

 

あと、使い始めて暫くしてから気付いたのですが、これ折りたためないので置き場所にかなり困りました。

結局市販のものを購入する羽目に陥ったので、時間を考えると低コストでそこそこの撮影ボックスを最初から買ってしまうのもアリかもしれません笑

参考にしたサイト様

以上、初めての撮影ボックス作成でしたが、もちろん私が一から試行錯誤して作ったわけではなく、いくつかのサイト様を参考にしながら作りました。

メインで参考にさせていただいたサイト様は、残念ながら繋がらなくなってしまったので割愛させていただきます。

天井を付けないことを決めたのは、以下のサイト様を参考にしたためです。

厚口の模造紙のほうが良かったかもと思ったのは、以下のサイト様を拝見したためです。

おわりに

今回、節約と家にたまたま丁度良さそうな段ボールがあったこと、楽しそうだったことから撮影ボックスを自作してみました。

製作時間は約90分、かかった費用は200円と比較的簡単かつ安価で作れて、出来もそこそこだったと自負しています。ただ、前述した通りかさばるので部屋に余裕がないと厳しいかもしれませんね。

ローコストで紹介したい商品を綺麗に撮影するための設備が欲しい!というのであれば、試しに作ってみるのはありだと思います。

コメント

  1. エンドウ より:

    ブログ×YouTube の新しいノウハウご存知ですか?
    はじめまして、エンドウと申します。
    突然の連絡失礼致します。
    ブログを拝見しまして、
    ブログ×YouTube
    という新しいノウハウを試して頂きたく
    ご連絡させて頂きました。
    私自身YouTubeを使って月50万円以上を稼いでおり、
    YouTubeを使った
    “顔出しなし”“声出しなし”“機材なし”の
    プライバシーと費用がかからない
    誰でも安心して始められる方法を教えた所
    コンサル生も月収57万円等の実績を達成しております。
    YouTubeはブログ同様に
    アクセスを集めて広告を見て(=クリックして)もらう
    という本質が同じであるため、
    ブログ経験のある方は成功しやすいと考えています。
    今回初めての方でも理解しやすいように
    動画コンテンツ60本、360分以上を収録した
    有料級マニュアルを作成しましたので、
    ぜひブログ実践者の方に試して頂きたいのです。
    『YouTubeで3ヶ月で月収10万円を
    初心者からも稼げるマニュアル』(期間限定無料です)
    http://ennb.xsrv.jp/url/358/2s0
    というのも、
    実はまだこのマニュアルは
    あまり多くの目に触れておりません。
    ですので、100名程の方に感想を頂き、
    更に良いマニュアル作りをしようと考えております。
    予定数の感想が集まり次第
    無料でのお渡しは終了予定ですので、
    ぜひ今のうちにあなたの更なる収益アップに
    役立てて頂ければと思います。
    『YouTubeで3ヶ月で月収10万円
    初心者からでも稼げるマニュアル』
    http://ennb.xsrv.jp/url/358/2s0
    お役に立てると考えご案内させて頂きました。
    ご不要であれば、突然のご連絡失礼いたしました。
    それでは、長々と失礼いたしました。
    エンドウ

  2. aniota-alvarado より:

    >エンドウさん
    はじめまして!コメントありがとうございます。
    折角お誘い下さったのに大変申し訳ないのですが、私はYoutubeをやるつもりは今の所ありません。
    ご厚意を無下にする形になってしまい、とても心苦しいです。
    声を掛けて下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました